アレルギーの種類

アレルギーには我々が想像する以上に多くの種類が存在しますが、特に日常生活の中で起こりやすい生活に密着したアレルギーと言えば花粉症、ダニ・ホコリ、食品、そしてペットアレルギーあたりでしょう。

 

花粉症に悩む人はとても数多く、毎年花粉の季節になると憂鬱になる人が少なからず見受けられます。花粉は特に体が排除すべき体に害のある物質だと誤認しやすいものであることが知られており、アレルギーの中でも最もメジャーなものの一つです。致命的な症状はありませんが、咳や鼻水などが止まらず、その症状は不快そのものです。

 

ダニ・ホコリアレルギーやペットアレルギーも罹患率が高いものの一つです。ダニやホコリ、ペットの毛などに触れたり吸い込んだりすることで、主に皮膚炎や気管支関連の症状を発生させます。ダニやホコリは、減らす努力はできるものの完全にシャットアウトすることは事実上不可能ですので、避けがたく大変なものです。こまめな掃除などが必要となるでしょう。

 

食品アレルギーは種類によっては死に至ることさえあるなど、重篤な症状が出うる恐ろしいアレルギー反応です。

 

アレルギー対象の食品を避ければ良いと思われがちですが、加工食品全盛の現代では、例えば小麦や卵が含まれていない出来合いの食べ物を選ぶのは中々難しいものです。近年ではアレルギー対象の食品の表示義務などがありますが、予想以上に食品選択の幅が狭まることは間違いありません。