アレルギー性気管支炎の原因と対策

アレルギー性気管支炎はとにかく咳が辛いアレルギー反応の一つです。喉がイガイガし常に不快な状態が続き、乾いた咳が頻発します。

 

アレルギー反応である故、アレルゲンが空気中に存在する限りそれを排出しようと継続的に咳が続くため、何かしらの対策を行わないと咳が止まることはありません。また長引くと気管支が腫れてきて不快感も症状も増すため、軽く見ることはできず早めの対策が必要です。

 

アレルギー性気管支炎も他のアレルギー反応と同じく、粘膜に付着したアレルゲンを排出しようとするために発生する体本来の防衛反応です。

 

従って、アレルゲンが粘膜に付着することが最大唯一の原因ですから、対策としてはアレルゲンの付着が起こらないように対処することと、付着したアレルゲンを速やかに洗い流すことの二つが必要です。

 

アレルゲンの付着を回避するために有効なのは、やはりマスクです。特に鼻側にワイヤーの入った、しっかり隙間無く防御できるマスクはアレルゲン付着リスクを大きく減少させます。またマスクには粘膜の湿度を保つと言う意味合いもあり、粘膜の炎症も起こりにくくしてくれます。

 

一方で付着したアレルゲンを洗い流すために、こまめなうがいもまた欠かせません。うがいは喉粘膜を清潔に保つだけでなく、失われた水分を粘膜に補給すると言う意味合いもあるため、帰宅時だけでなく休憩時などにも定期的に行えば発症リスク低減や炎症の軽減に役立ちます。