アレルギーの原因

アレルギーとは、本来何ともないはずの日常的に存在する様々な物質に対して免疫機構が過剰反応してしまい、様々な免疫反応が発生してしまうことです。

 

その発生機序は自分の体自体を攻撃目標と誤認してしまう自己免疫疾患と似ており、アレルギー反応を起こす対象であるアレルゲンを常に避けるよう意識して生活しなければならない、非常に大変で制限が多く課される疾患と言えます。

 

アレルギー体質を発生させる根本的な原因と言うのは、実はまだはっきりしていません。ただしいくつか、有意にアレルギーを引き起こしやすくなる要因と言うのはいくつか知られており、その中でも幼少期の衛生環境は大きな関連性があると、大規模実験において明らかにされています。

 

よく「子供を潔癖に育てすぎると免疫力が付かない」などと言われますが、実際の免疫力はともかく、アレルギーに関してはこの通説が実験によって強力に裏付けられた形となります。

 

雑菌などを嫌うあまり子供に外遊びをさせないなどは、将来のアレルギーの原因となる上に運動機能の十分な形成の機会まで奪うため、アレルギーだけでなく健康全般に関してよろしくありません。

 

また、その他の要因としては生活習慣病の要因と重なる生活習慣の問題が挙がっています。特に喫煙と糖質過剰は後々のアレルギーを招く原因とされています。

 

今アレルギーであればさらに他のアレルギーを引き起こす可能性を高めますので、これらの生活習慣上のリスクはできるだけ排除すべきでしょう。